ポラロイドカメラの使い方ガイド

デジタルカメラが主流の現代で、すぐに物理的な写真を作ることができるアナログさが魅力のポラロイドカメラの写真撮影ガイドです。ポラロイドカメラで撮影するためには専用のフィルムが必要ですが、メーカーごとに形が違います。そのため対応していないフィルムを購入してしまっても撮影できないので注意しましょう。購入する際にはカメラの製品番号と、フィルムの種類を結びつけることが大切です。


カメラのフィルムは光を当ててはいけませんが、ポラロイドカメラだと大抵がカートリッジ式になっているため、中まで光が通ってしまうことはないでしょう。フィルムとカメラ両方の目印を頼りにしながら、無理な力がかからないように装填します。そしてそこから電源を入れると、すぐに撮影を始められます。


また基本的に電気の力で稼動し、バッテリーではなく電池を使用することが多いです。そのためいざ撮影する時に動かないという状況に陥らないために、しっかりと確認しておきましょう。
撮影動作そのものは普通のカメラと大差はなく、メーカーごとに搭載されている機能が異なります。フラッシュやズームなど使えるものを最大限に活用して撮影しましょう。特にポラロイドカメラはフィルムの枚数が少ないため、撮り直しをするともったいないです。なので撮影に関する専門的な知識がない場合は、自動で調節してくれる機能を持った製品を選ぶと良いでしょう。


そして一度撮影が終わると、ポラロイドカメラはそのまま現像作業へ移ります。少し待っていると、排出口から写真が出てきます。出てきた直後は真っ白に近い状態ですが、そこから時間が経つに連れて少しずつ色が出てきます。基本は電動でシャッターを押した後に自動で出てきますが、レトロなポラロイドカメラだと手動の場合もあります。ただ特に難しいことはなく、排出用のレバーを引っ張って写真を出した後、また元に戻すだけです。


本体から出てきた直後の写真は非常にデリケートで、写っている部分に触れてはいけません。また色が出てくるまでの間に直射日光が当たると、本来の仕上がりとは異なるものになってしまう可能性があります。そのためどのように写っているのかの確認は、日陰で行なうようにしましょう。その後は完全に安定するまで、無理な力がかからない、ポケットなどの暗い場所で保管します。ポラロイドカメラといえば早く乾かすためにパタパタと振るイメージを持っている人も多いかもしれませんが、色が偏ってしまう怖れがあるので止めておきましょう。